SDGs × 電子線 ~電子線照射でSDGs達成を目指す~

ニュース

2021年06月03日

電子線(EB *¹)照射は素材の特性向上や新機能を付加させることなどが可能であり、半導体の特性改善によるインバータの省エネ化や高機能食品包装による食品消費期限の延長などを通してSDGs*²に貢献しています。                          株式会社NHVコーポレーション(本社:京都市右京区、社長:重田悦雄)では、SDGsへ向けて高まる素材ニーズに対して、装置開発・販売、および照射サービスで培ったノウハウを活用し支援を行ってまいります。

(クリックいただくと、拡大いたします。)

印刷・塗膜のEB 硬化による VOC 排出削減

EB硬化型樹脂、塗料は VOC*³レス化が可能です。                                         また照射により瞬時に硬化するので、熱乾燥法と比較して乾燥工程でのCO2 排出量を削減することができます。            詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

パワー半導体の特性改善で省エネに貢献

電子線(EB)を半導体に照射することで格子欠陥が生成され半導体特性のコントロールが可能です。                                         パワーデバイス向け半導体において、キャリアライフタイムの制御は重要な課題であり、電子線照射によって格子欠陥を形成する方法は均一性と制御性に優れています。このパワー半導体はエアコンなどのスイッチング素子に使用されており、省エネ化に貢献しています。

 

 

 

高性能な食品包装材で食品保存期間延長に貢献

電子線(EB)による架橋技術は食品包装フィルムの製造にも利用されています。                                         電子線架橋により耐熱性の向上、強度の向上、熱収縮性の向上などの効果が得られ、高性能な食品包装材で食品保存期間の延長に貢献しています。

 

 

 

植物由来プラスチックの高性能化

植物由来のポリ乳酸は、耐熱性や透明性が低いこと課題でした。                                         電子線架橋による改質でポリ乳酸の耐熱性向上、透明性維持が可能となり、石油プラスチック代替品としての用途を広げています。

 

 

 

 

※1 EB:Electron Beam
※2 SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)                               ※3 VOC:Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)


[関連リンク]                                                       電子線照射装置(EPS) https://nhv.jp/products/                                       電子線照射サービス     https://nhv.jp/service/

[お問い合わせ先]
●電子線照射装置(EPS)について                                                    こちらのフォームよりお問い合わせください。

●電子線照射サービスについて                                                ●電子の効果・利用分野について                                                   こちらのフォームよりお問い合わせください。