【無料オンラインセミナー 招待講演】電子線は高分子にどのように作用するのか

セミナー

2021年12月08日

株式会社NHVコーポレーション(本社:京都市右京区、社長:重田悦雄)は、2022年1月25日(火)に招待講演「電子線は高分子にどのように作用するのか」をオンラインにて開催いたします。
電子線加工は高速電子(電子線)のエネルギーを利用する改質方法です。素材に化学反応を引き起こし、高分子材料の耐熱性向上、塗料や樹脂の硬化、親水性機能付加、殺菌・滅菌など様々な用途で利用されています。
本セミナーでは、大阪府立大学 教授 古田雅一氏にご登壇いただき、電子線の特徴・高分子への作用についてご解説いただきます。
今後も電子線加工の様々なテーマを取り上げた無料オンラインセミナーの定期的な開催を予定しています。
詳細については、別途お知らせを掲載いたします。


電子線は高分子にどのように作用するのか 開催概要

概要

電子線は放射線の一種で、透過力が小さいですが、線量率が高いという特徴があり、様々な産業分野で利用されています。電子線は電子加速器により容易に得られ、250keV~10MeVの様々な電子線が用途に応じて利用されています。
高分子材料の電子線加工には、
① 高分子の架橋反応
② 高分子分解
③ 高分子グラフト重合
④ 高分子の電子線硬化
などの分野があります。これらは電子線照射によって高分子に生じるフリーラジカルが化学反応に関与します。本講演においては、この機構についてわかりやすく解説するとともに応用例についても紹介します。
また、講演終了後には皆様の疑問にお答えいたします。

こんな方におすすめです!EB装置_800kV機

  • 高分子材料の特性向上に興味がある
  • 電子線の作用について知りたい
  • 電子線加工の応用例を知りたい

実施概要

日時
2022年1月25日(火)10:30~12:00(講演60分+質疑応答)(接続開始 10:15~)

参加費、会場
無料、Zoomウェビナーを使用したオンライン開催(事前登録制。セミナー前日の1月24日までにご登録願います。)

対象
電子線加工について知りたいお客様、電子線照射を検討しているお客様、電子線照射装置(EPS)導入検討中のお客様

その他
講演後、講師によるライブでの質疑応答を実施いたします。なお、日本語のみでの開催になります。

登壇者
古田 雅一氏
公立大学法人 大阪府立大学
研究推進機構・放射線研究センター長 兼 大学院工学研究科・量子放射線系専攻 教授

ご略歴
京都大学大学院にて博士号を取得され、大阪府立放射線中央研究所を経て、1990年より大阪府立大学で助手、講師、助教授を経て現在は工学研究科・量子放射線系専攻の教授を務められています。また研究推進機構・放射線研究センター長を兼務されています。
放射線による殺滅菌と他の殺菌法との複合化、たんぱく質への影響評価がご専門です。

セミナー前日の1/24(火)までにお申し込み願います。
 (競合他社様につきましては、聴講をお断りさせていただくことがございますので、予めご了承願います。)

 


[本件に関するお問い合わせ]
株式会社NHVコーポレーション EB加工部 セミナー事務局
TEL:075-864-8815
こちらのフォームよりお問い合わせください。